印鑑カタログ

大切な印鑑はお気に入りデザインを選ぼう

ちょっと変わった小判型の印鑑を通販で手に入れよう

2021-09-27

印鑑は私たちの暮らしの中で欠かせないものです。すでにいくつか持っていて活用している方も多いのではないでしょうか。しかし、丸い形の判子がほとんどで、小判型のものは持っていない方もいるはずです。小判型の印鑑のメリットや入手方法について見ていき、今後印鑑の買い替えや買い足しをする際に参考にしていきましょう。

昔は小判型が多かった

最近は一般的に使っている印鑑や店頭で見かける印鑑は、きれいな円形のものであることが多いです。あまり小判型は見かけないと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、昔は小判型の印鑑も多く、古い印鑑が出てくると小判型であることも多いものです。

手続きなどで使う際も、特に丸型のものと変わりなく使えます。

手続きの際に大きさの規定などがあれば、それに合った大きさであれば使うことができるからです。もちろん昔から小判型の印鑑を使い続けている方もいるでしょう。小判型の印鑑を使うメリットを感じることができれば、一つ持っておいてもいいかもしれません。

縦に文字数を入れやすい

入れたい文字数によっては、丸い形の印鑑だとバランスが悪くなってしまうことがあります。入れる文字数が多くなればなるほど円に収めることが困難になります。丸の場合は縦も横も同じ長さなので、こうした問題が起きてしまうのです。

そこで役立つのが楕円形です。縦に長い形になるため、縦に文字数を増やしていくときにバランスが良く収まりやすくなります。特に文字数が奇数になる場合、行を増やしてレイアウトしていくのも難しくなるので、縦にスペースが長いほうがきれいに見えます。

文字数によっては小判型のメリットが大きくなることは知っておきたい所です。

小さなスペースでも使いやすい

現在小判型の印鑑が良く使われるのは、事務用の訂正印です。書類の一部を訂正する場合に、印を押して訂正部分をはっきりさせる必要があります。もちろん大きな判子を使ってもよいのですが、空いたスペースで訂正することになるので、大きな判子で場所をとってしまうのは難しい場合もあります。

そのため、限られたスペースでも使うことができる、きわめて小型の訂正印を用意する必要があるのです。

当然訂正印の大きさが小さくなれば、中の文字も小さくなります。

ただ小さくしただけでは名前なども読みづらくなるでしょう。そこで小判型にすることで、小さなスペースでも文字を読みやすくすることができます。文字を正方形として考えると、二文字つなげただけでも縦の長さが倍になります。

それを目で見える大きさにしつつ最小のスペースで納めていくためには、小判型が向いているのです。簿記などの細かい事務処理が多い方、小さなスペースで印鑑を押す必要がある方は小判型の小さな印鑑を持っておきましょう。

形が違うと使い分けがしやすい

印鑑を複数持っていて、場面などに応じて使い分けをしている方もいるでしょう。その場合に困るのが、どの印鑑を使っていたのかわかりにくくなることです。

前に使ったものと同じ印鑑を押したくても、いったいどれを使ったのかわかりにくいこともあります。丸型の印鑑は一般的で複数持っている方も多いでしょうが、字体を大きく変えるなどしない限り、印面を見ただけでは非常に似通った形で、区別することが難しくなってしまうのです。

そこで、使い分けをするにあたって小判型の印鑑を取り入れていくと、一目で見分けがつくようになります。

仕事とプライベートで使い分けたいとき、用途によって分けておきたいとき、訂正印として別に使い分けたいときなど、形からはっきりと見分けがつくのは便利なことが多いです。

使い分けることが決まっている場合、二本目三本目で買い足すときなどに、小判型を候補に入れておくとよいでしょう。

割印などに使いやすいことも

二枚以上にわたる書類に、つながりを示すために割印としてまたがる形で印鑑を押すこともあるでしょう。その時にある程度印鑑に長さがないと、きれいに押すことができない場合もあります。縦部分が長い小判型の物ならその長さを生かして、二枚にまたがって押しやすくなることもあります。

あまり割印をする機会はないかもしれませんが、小判型にはこうしたメリットも考えられるでしょう。割印専用の物を作るほどでない場合には活用できるかもしれません。

安価な既製品で試してみる

小判型の印鑑は、丸型のものほどではありませんが店頭で販売されていることもあります。訂正印などは特に手に入りやすいのではないでしょうか。気に入ったもの、用途に合ったものが見つかれば購入してみましょう。しかし、小判型はそもそも珍しく専門店では扱われていないことも多いので、見つかりにくいかもしれません。

また、扱っていたとしても、一般的な苗字は並んでいるのに、自分の苗字がないこともあります。珍しいお名前の方などは特に、店頭で見つけることは困難でしょう。そのような場合には通販で購入する手があります。店頭に並ぶ数よりも通販で扱われている名前の数が多いこともあり、安価な既製品を購入しやすくなります。

印鑑はネット通販の代金引換で購入するのがおすすめ!

通販でオーダーできる

近くに印鑑を扱う専門店があるなら、ニーズに応じて好きな形や文字を指定し、好みの印鑑を彫ってもらって手に入れることもできるでしょう。しかし、そういった専門店が近くにない場合、こだわりの印鑑を手にしにくくなってしまいます。

しかし、最近はインターネットなどを介して通販で印鑑をオーダーできるところもあります。これなら珍しい名前であっても指定して彫ってもらうこともできますし、小判型など珍しい形でも、また気に入った素材でも作ってもらうことができます。

印鑑は一度購入したら長く愛用していくものです。とりあえずで妥協するのではなく、納得のいくものを購入して愛用していけるようにしましょう。そのために通販を利用しましょう。自分のこだわりたいポイントをしっかりオーダーできるか、日数はどれぐらいかかるのかなどを確認して利用してみてください。

天然石の印鑑が人気を呼んでいる!通販で購入して運気アップ!

いつもと違う印鑑を活用してみよう

印鑑をすでに持っていて日常の中で活用していても、別の場面で使いたい、気分を変えたいなどと思う方もいるでしょう。その場合は通常の丸い形だけでなく、小判型の印鑑も取り入れてみてはいかがでしょうか。小判型だからこそのメリットもいくつかあるので、それを生かせるなら、書類整理や手続きがより便利になることもあるはずです。