印鑑カタログ

大切な印鑑はお気に入りデザインを選ぼう

個人事業主が印鑑を買うのは通販がおすすめ!

2021-12-09

個人事業主になるには、いろいろな準備がいります。開業届はもちろん、「青色申告承認申請書」などを役所に提出しなければならない場合もあるでしょう。それらの書類には、捺印するための印鑑が必要です。個人事業主が印鑑を購入する際、おすすめなのがネット通販です。

この記事では個人事業主にとって必要となる印鑑と、ネット通販がおすすめな理由などについて詳しくご紹介します。

個人事業主に必要となる印鑑とは

一口に印鑑といっても、印鑑の種類は豊富です。

それらの中でも、個人事業主に限らず、誰にとっても大事な印鑑が「実印」です。また実印は、ただ購入すればよい、というものではありません。

市役所などに出向き、印鑑登録をする必要があります。印鑑登録は身分証明書があれば即日登録も可能です。しかし顔写真のない身分証明書だったり、代理人申請だったりする場合は、登録がすむのに数日かかることもあります。

開業届や青色申告承認申請書などには認印で十分ですが、車や家のローンなどを組むには実印が欠かせません。いざというときに備えるためにも、早めに作っておくことをおすすめします。実印は、自治体が定めている規定に則って作る必要があります。

具体的には印影の大きさや形、刻印内容に関する規定です。これらは自治体によって異なるため、あらかじめ確認しておくのが肝心です。せっかく実印を作っても、規定外のものなら認印にしかなりません。規定どおりの印影だとしても、100均ショップで売っているようないわゆる三文判は、実印として認められない可能性があります。

実印用の印鑑を購入するのが確実です。銀行口座を開設したり、お金をおろしたりする際に使用するのが「銀行印」です。銀行印なら持っているという個人事業主も多いでしょうが、事業用の銀行口座を開設する際、専用の銀行印を新たに作っておくと、なにかと役に立ちます。

回覧板や宅配便の受け取りなどに押すのが「認印」です。個人事業主の場合は開業届などに押しますし、やはり個人用とは別に作っておくのがよいでしょう。印鑑にはさらに事業用の「丸印」と「角印」というものもあります。

丸印は代表者名が刻印された印鑑で、ビジネス上の契約書などに押すものです。角印は事業用の認印のようなもので、請求書や領収書などに押します。住所などが入った「住所印」は、あればとても便利です。住所印の多くはゴム印です。

ここまで挙げた印鑑すべてが、必ず必要というわけではありません。とはいえ作っておくと、なにかと役立つのも事実です。

事業用の印鑑を作るメリット

個人事業主が個人用の印鑑とは別に、事業用の印鑑を作るメリットは、「信頼度が上がる」という点にあります。極端なことを言えば、丸印にしても角印にしても、銀行印にしても個人用の印鑑で代用可能です。では何が違うのかというと、信頼感です。

契約書に押す印鑑が、三文判ではあまり信用してもらえません。逆にそれがきちんとした丸印ならば、イメージ的に信頼度が上がります。印象的な問題ではありますが、信頼度はささいなことで上がったり下がったりするものです。

一般的な素材でできた丸印や角印、銀行印や認印は、さほど高価なものではありません。信頼度が上昇するのであれば、多少の出費は許容すべきでしょう。

印鑑を手に入れる方法

印鑑を手に入れる基本的な方法は、ハンコ屋で買うことです。ハンコ屋には街なかの実店舗と、ネット通販の2つの種類があります。どちらにしても、個人事業主向けの印鑑の購入は可能です。100均ショップやファンシーショップでも三文判やスタンプ印を扱っている場合がありますが、あまり個人事業主向けではありません。

個人事業主として印鑑を買うのなら、ハンコ屋を利用するのが無難です。また、印鑑はまとめて購入した方が安くなるケースがほとんどです。買うなら同じハンコ屋で、セットで購入するようにしましょう。そして実店舗とネット通販なら、ネット通販がおすすめです。

印鑑はネット通販の代金引換で購入するのがおすすめ!

通販で印鑑を買うのがおすすめとなる理由

ネット通販で印鑑を買うのがおすすめな理由は3つあります。ひとつめは、「さまざまな素材の中から選べる」という理由です。印鑑の素材には多くの種類があります。基本的なものなら実店舗でも買えますが、実店舗には在庫を置くスペースに限りがあるため、どうしても品揃えの面で通販の方が有利です。

個人事業主用の印鑑をまとめて買う場合、素材を揃えておくと見栄えがよくなりますし、モチベーションも上がります。ネット通販ならすべて揃えるのは十分可能ですが、実店舗の場合には在庫が足りず、揃わない恐れがないわけではありません。

ふたつめの理由は、ネット通販なら「どこからでも、いつでも注文できる」という点です。実店舗で買うとなると、直接店舗まで出向かなくてはなりません。時間と手間がかかります。また、実店舗には営業時間と定休日があります。

その点ネット通販なら、スマホがあればどこでも注文可能です。自宅はもちろん、電車の中やネットカフェからでも注文できます。また、24時間注文可能で、年中無休のネット通販も珍しくありません。個人事業主となるための準備が忙しい中、印鑑を購入するとするなら、やはり時間を選ばなくてもよいネット通販に軍配が上がります。

3つめの理由は、ネット通販は「印鑑が安いことが多い」という点です。ネット通販は全国から注文が来るため、近隣にある実店舗と比較すると売り上げ数が多い傾向があります。

売り上げ数が多くなればなるほど、単価を安くできるようになります。また、ネット通販は実店舗をかまえ、維持する必要がないので、経費がそれほどかかりません。単価が安くても、十分に運営ができるのがネット通販の強みです。

割引キャンペーンをしていることも多く、さまざまな面で、ネット通販で購入する方がお得だと言えるでしょう。

印鑑を通販で購入する方法や認印の選び方について

通販で印鑑を買う注意点

ネット通販で印鑑を買うことにはメリットが豊富ですが、注意点がないわけではありません。ある面においては、実店舗の方が有利となる場合もあります。まずネット通販では、実際に印鑑を押すことができません。個人事業主になると印鑑を押す回数が増えるため、押し心地や触り心地は無視できない問題です。

気持ちよく業務を行うためにも、できれば実際に押して試したい、という人もいることでしょう。そういった場合は、手に取って試せる実店舗の方が有利です。またネット通販では、実際の印影は手元に届くまで分かりません。

ネット上で確認できるところもありますが、紙に押して印影をチェックしてから買いたい、という人の場合も実店舗の方がよいでしょう。

これらの注意点とメリットを比較し、総合的に判断するのが賢明です。

熊本で印鑑を買えるおすすめの通販ショップとは?

ネット通販で印鑑を購入し個人事業主になる準備を整えよう!

印鑑は、何度も買い替えるようなものではありません。契約の途中で印鑑が変わるようでは、クライアントに与える印象も悪くなってしまいます。一度買ったら長く使い続けることの多い印鑑だからこそ、素材などにこだわりたいものです。

ネット通販は選択肢が豊富で、いろいろな印鑑の中から選べるのが特徴です。ネット通販で好みの印鑑を購入し、個人事業主になる準備を整えましょう。